福岡市博多区・南区・中央区・春日市のリフォーム・リノベーションのことなら

福岡市博多区竹下の「想いを形に工房」にお任せ下さい!

みなさん、こんにちは。

今日もブログを読んでいただき心から感謝申し上げます。

近年、少子高齢化が進みバリアフリー化も検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか!?!?                        2035年には、65歳以上の高齢者が33.4%になるとも言われております!    3世帯1世帯が高齢者が住む世帯、そのうち【50%】は高齢者夫婦または、 一人暮らしという国税調査の結果も出ています。。。。

そんな今日は、これからの為に役立ててほしいと思い            トイレのバリアフリー化についてお話していきます!

トイレバリアフリー化において一番の重要ポイントは、車いすを使っているかなど高齢者の方が、どういった身体状況なのかが重要になってきます。    そこも踏まえて説明していきます!

☆まずは、車いすが必要な方の場合は

・出入口を広くする(80cm以上)                    

・出入口位置を便座の後ろまたは、横に配置

トイレスペース約一坪(165cm×165cm)が理想

・車いすのまま利用が出来る便座の取り付け

☆そのほかの方の場合(車いす有り無し共通)

寝室から出来るだけ近い場所に配置                  

和式便座の場合は洋式便座の取り付け                 

クッション性のある床材

段差のない

手すりの設置

引き戸に変更

・外からもを開けれるようにする

想像するとかなり便利になりそうですが費用が、、、ですよね!       高いだろうからとりあず後回しに、、、と。

こんな時に、有効活用して                        少しでも出費の負担を減らしたいのが【介護保険】です!!!!!

介護保険とは、2007年に導入された制度で40歳になると加入することを義務付けられている制度です。                          この制度のおかけで一定の条件を満たした場合には、【住宅改修助成制度】  というバリアフリー化リフォーム費用の補助を受けることができます。

◎対象者

・被保険者が回収対象のを所有し居住している

・被保険者が要支援または、要介護認定を受けている

・被保健所に記載されている、住所と改修対象のの住所が一致している

対象工事

手すりの設置

段差の解消

便座の取り付け(洋式へ変更等)

の交換(引き戸への変更等)

以上の条件に当てはまった場合、改修に掛かった費用に対し         支給限度基準額20万円の9割が補助されます。(最大で18万円)

また、1回の工事ではなく20万円の改修費用に達するまで複数回に分けての申請が可能です!

原則、一人につき20万円までの基準額の上限となっていますが、引っ越し要介護区分が3段階上がった際には、さらに20万円まで基準額となります。

自治体によって個別に助成制度を設けている場合もありますので、どの様な制度が活用できるか地域のケアマネージャーに相談してみてください!

今日も最後までお読みいただき感謝、感謝です!!

明日もよろしくお願いいたします。

福岡市博多区・南区・中央区・春日市のリフォーム・リノベーションのことなら

福岡市博多区竹下の「想いを形に工房」へ。

ドアノブ交換・蛇口の交換・照明の交換・網戸の張替などのちょっとした事で
お困りの事がありましたら「想いを形に工房」へお気軽にご相談下さい。

トイレの入替・キッチンの入替・ユニットバスの入替などちょっとした
リフォームがありましたら「想いを形に工房」へお気軽にご相談下さい。

戸建ての外壁塗装や屋根塗装工事がありましたら「想いを形に工房」へお気軽にご相談下さい。

ユニットバス,キッチン,リフォーム,リノベーション,トイレ,外壁塗装,福岡市博多区,福岡市中央区,福岡市南区,春日市,失敗しない,漏水工事,困りごと,